2023-04

38巻

616話 悪ガキやめます

あらすじ あさりは校長室で正座する罰を受けます。すると校長が目の前であさりのデッサンをし始めます。動かないように言われたあさりは足が痺れて辛くなってきます。 弱いものいじめじゃなければいいというものでもない あさりが校長室でなぜ正座をするこ...
38巻

615話 助っ人しま〜す

あらすじ あさりとタタミが一緒に下校しようとすると、タタミの靴箱に手紙が。ラブレターかと思いきやそこには「決闘状」と記されていました。 ていうかよくそんな言葉知ってたな あさりは決闘状をもらったタタミを「極悪人だからうらまれるのも無理はない...
38巻

614話 地獄の一日

あらすじ 八月三十一日。あさりとタタミは夏休み中たくさん遊んだなと思い出にふけっていました。するとあさりは青ざめた顔でタタミに「夏休みの宿題を全然やってない」と白状します。 信じる方も信じる方だと思う あさりは夏休みに入った時「今年は四年生...
38巻

613話 夏の夜は怪談

あらすじ タタミはあさりに怪談話をし、怖がる様子を面白がります。その夜あさりは怖くて眠れなくなりタタミの横で一緒に寝かせてもらいます。 怪談には鉄板の「学校のトイレ」 タタミがあさりに話した怪談は学校のトイレの話。開かずの扉を覗いてみると‥...
38巻

612話 真夏の大掃除

あらすじ ママが「皆で大掃除するわよ」と言い出します。「なんでこんな真夏に!」と文句を言うあさり達。ママによると昨年の暮れに大掃除をしようとしたらあさりが「掃除は夏にやるのが一番」と言い、タタミも賛成したからだと言うのです。二人とも仕方なく...
38巻

611話 三百円ぶんのおかし

あらすじ 遠足を明日に控えてるあさりはとても困っていました。タタミが事情を聞くとおかしは三百円までと決まっているが、その制限内で収めることができないと言うのです。 あの話も割り算だったね タタミは「こういう時は分数」とあさりに提案。百円の板...
38巻

610話 わたしあさちゃん

あらすじ あさりは自分のことを「あさちゃん」ではなく「わたし」と言いなさいとママに言われます。しかしすっかりクセになっているためあさりはなかなか直すことができません。 長年読者やってるだけあるなと自画自賛 ママは「以前は自分のことはわたしっ...